歯医者に通う頻度がどれくらいが良いのかよく分からない方のための情報サイト

>

症状別に歯の定期検診を受ける頻度は違う

1か月~2か月に1回の頻度で定期検診を!

セルフコントロールが難しい歯の質や唾液の量や虫歯菌の量などです。
1~2か月ぐらいのペースで歯医者での専門的なクリーニングを受けて、口内をできるだけ清潔に保ち、トラブルが悪化しないようにしていかなければなりません。
セルフケアが上手くいかない方は、定期的に磨き残しがどこにあるかチェックしてもらう必要性があります。
また歯並びが悪い方も、細かい所に歯ブラシの毛先が届きにくいため汚れが残りやすくなるので、定期的なチェックが必要ですね。
虫歯の治療で1度でも詰め物をすれば、そこへまた菌が入り込んで高い確率で再び虫歯が発生ということにもなりがちです。
また、この1年以内に虫歯ができて治療を受けたという人は、経過観察も含め1か月か2か月おきに検診を受けると良いでしょう。

歯周病にかかっている人の場合など

前に述べているのですが、歯周病にかかっている場合は必ず治療をした方が良いでしょう。
なぜなら、健康を害するリスクが高いからですね。
歯周病の進行度は歯周ポケットの深さなどで判断します。
歯周ポケットが4ミリ以上になってしまうと、歯ブラシでは取りきることが難しいため、歯周病がこれ以上悪くならないように1~2か月ぐらいのペースでクリーニングが必要です。
歯周ポケットが5ミリ以上の深さがあると、嫌気性菌(けんきせいきん)と呼ばれる歯周病菌の中でも強力な菌ができてしまいます。
また、タバコを吸われる方は、タバコに含まれる成分が歯周病を悪化させ、歯面にヤニもつきやすくなるため1~2か月ぐらいのペースでクリーニングを受けるのが良いでしょう。


Share!
TOPへ戻る