歯医者に通う頻度がどれくらいが良いのかよく分からない方のための情報サイト

>

歯は全身にまで影響を及ぼす

半年に1回の頻度で定期検診を!

口の中の状態は人それぞれ違いますね。
今までに、ほとんど虫歯になったことがないという人やセルフケアができていて口の中の状態がきれいに保てている方は、むし歯や歯周病のリスクが少ないのです。
そのような方は半年に1回の頻度で定期検診を受けるのが良いでしょう。
しかし、虫歯がなくても、セルフケアが上手でも、歯医者での定期的な検診やクリーニングは必要ないというわけではありません。
口内環境はストレスや服用している薬、生活環境の変化などによって大きく変わります。
どんなに上手に磨けていたとしても、落としきれていない汚れもあります。
ですので、半年に1回の定期検診を受けていれば、口の中の変化に素早く気づけるので早期の対処が可能になりますね。

歯科検診の内容と費用など

歯科検診の内容は、歯科によって多少の違いはありますが、概ねこのようになっています。
歯周病の検査・虫歯の検査・歯石の除去・歯のクリーニングです。
歯のぐらつきがないか、痛みはないか、口内炎や口角炎はないかなど一連のチェックをし、歯を専用の機械を使って隅々まで掃除し、着色(ステイン)を奇麗にするクリーニングもしてくれますね。
歯の定期検診は保険適用で3,000円程度です。
しかし、虫歯ができていた場合にはその深さをはかるためのレントゲンを撮ることもあり、そういった場合や自費治療を追加する場合はもう少し費用が上がるでしょう。
とはいえ、1回3,000円程度と考えて3か月に1回通った場合、年間で12,000円程度です。
歯を失うリスクを考えると、それほど高くはないのではないでしょうか。


Share!
TOPへ戻る