無痛治療の理解を深めよう

無痛治療の主な方法。患者さんに合わせた治療がこんなにあった!

無痛治療は3つある!

歯のケアをしっかりしても、どうしても生まれ持った歯の弱さや唾液の少なさで虫歯
になってしまうこと、ありますよね。
そしていざ無痛治療をしたいと思っても、治療が自分の体質に合っていなかったら結局痛くて怖いんじゃないかと思いませんか?
多くの人が無痛治療をする勇気がでない理由のひとつが、この自分の体質が分からないことへの恐怖だと思います。
ここで無痛治療の3つの治療方法をご紹介しましょう。
1つは必ず麻酔をすること。当たり前に思うかもしれませんが、世の中には患者さんに我慢させてそのまま治療する歯科が多いのです。
2つ目は麻酔を痛くさせないようにすること。これには超極細の針を使う、麻酔の温度を温める、痛点を避けるなどの技術を使います。
3つ目は痛くしたいこと。治療が痛みの1つが手さばきの粗さで感じています。丁寧に触れば痛みは大幅になくなるのです。
以上を踏まえ、さっそくお医者さんに相談しにいきましょう!

それぞれの治療、あなたにはどれが合う?

3つの無痛治療についてご紹介しましたが、結局はあなたの体質や精神的な問題に治療があっていなければ調べた努力が水の泡ですよね。
まず、いくら丁寧にやっても痛みを感じるのが恐い、全く痛みを感じたくないという準備をしっかりしたいあなたは必ずお医者さんに麻酔を求めましょう。
痛みを感じる事があっても、麻酔を打ったという安心感があなたの緊張や恐怖を緩和してくれるかもしれません。
また、お医者さん、もしくは伝える勇気がないという方は助手さんにしっかり麻酔を打つ時の注意を促しましょう。
無痛治療をしてもらえるように言えば、医師は気持ちに答えてくれます。
この例と同様に、麻酔をする場合、麻酔をしない場合も必ず治療をする医師に治療を丁寧にして欲しい有無を伝えて下さい。
仮に無痛治療にあまりこだわらないあなたでも、痛いのは極力避けたいですよね。
無痛治療の技術がない歯科もありますので、事前に調べる事を忘れないで下さい。